商品情報にスキップ
1 3

瀬戸の灯明皿の香立

瀬戸の灯明皿の香立

通常価格 ¥3,600 JPY
通常価格 セール価格 ¥3,600 JPY
セール 売り切れ
税込 配送料はチェックアウト時に計算されます。

暖かい色の灯明皿

燃える香の先端の赤と いいバランスになりそう

江戸時代から瀬戸で灯明皿が焼かれるようになったそう

こちらも江戸時代のもの

Size: W72mm H20mm D72mm

Condition: 特に目立った欠け、汚れなし

※縁のところが欠けのように見える箇所がありますが、はじめから灯芯を垂らすためのものだと思われます。

※受け皿が小さいため、灰が受皿の外に落ちます。

台の上などに置いてご使用いただくか、お香を半分に折って使用してください。

 

<灯明皿>

最古は飛鳥時代のものが見つかっている

それから文明の大発明

電気が生まれるまでの 長い長い間

人々の暗闇を 温かく照らしてきた灯り

灯芯という麻や綿でできた紐に油を浸し灯明皿にのせ

灯りを灯していたもの

江戸時代になってから 暗い夜に”灯りを灯す”ということが

庶民の間にも復旧していった

 

詳細を表示する